【Foomon(風紋) V3.0:移調楽器 】

Foomon(風紋)

まずは楽譜機能の解説。

MIDIファイルは演奏情報のみで楽譜情報は入っていない。
このアプリはWindows版MID2PRNと同じ処理になっていて、出来るだけ自然な記譜となるように自動処理している。
従ってネットに転がっているどのMIDIファイルでも、もっともらしく楽譜表示できる。

そして最大の売りは移調楽器の対応である。
基本的にはバンド編成での使用を前提としているのでギター、ベース、ドラムス以外の音はキーボードを使うものとして表示する。

ただし、例えばある曲でメロトロンで出していたフルートの音を本物のアルトフルートで演奏しようとした場合に、そのパートだけ移調して記譜する事ができる。これは紙の楽譜にはできない芸当である。
図はその操作方法で、楽譜の余白部分をタッチすると設定ダイアログが出てくる。該当するパートで楽器名を選ぶと適切なキーで表示する。

コメント