20. Blue Jay Way のステレオバージョンに使われている効果音の正体は?

余程のファンでも避けて通るBlue Jay Wayですが、だからこそ生じたと思われるミックス違いがあります。
そしてこれが「ビートルズが初めてステレオを重視した曲」でもあります。

この面白さを伝える事ができれば、スキップすることなく、より多くの人に興味を持って聴いて頂けるでしょう。

ステレオには、モノに含まれない効果音が加えられているのは一聴して分かると思います(興味を持って聴けば)。

モノとステレオの比較音源にすると分かりやすくなり、更にこれを逆再生する事でその正体がハッキリします。

ちなみにステレオを単純に逆再生してもおおよその見当は付くと思います。

逆再生した時に聴こえてくるのは何と自分自身!、つまり既作成のミックスを逆再生用の素材として使った訳です。
もはや逆再生に関しては行き着く所まで行った感があります。

このステレオ・バージョンをモノ・バージョンとしても使う案があったとマーク・ルウィソーン氏はレポートしています(もちろん何が行われていたかは把握できていませんでした)。

結果的にそれは実現しませんでしたので、初めてステレオ・バージョンの方が注力された曲となりました。