Lovely Rita

ポールは12弦のアコースティックギターを選択。イメージとしてはピアノかベースなんだけど、ピアノだとジョージ・マーティンが弾いていた間奏が厳しいか。そのピアノは当然ウィックスが担当。櫛を使ったオブリガードもキーボードで出してるのだろうが、実演してくれたら嬉しいところ。ラスティはEight Days A Weekで使っていた12弦のES-335を使用。この曲って余り12弦のイメージがないのだが(個人的にベースのコピーばかりやっていた為かも)。ベースを弾くブライアンには注目しておこう。
エンディングはそのまま終わると思わせた所で2コーラス挟んでから終了。
***
そして何よりの情報はキーがDであること。つまりオリジナルの1音下ということである。ギターのチューニングを下げたのかと思ったが、ポールやラスティのギターは前半で何度か使われているもの、演奏自体がキーDになっている。つまりオリジナルの演奏自体がキーDで行われている事に他ならない(I’ve Just Seen A FaceがキーGであるのと同じ理由)。ちょっと全曲バイブル的余談になるが、この曲のオリジナルのレコーディングはテープスピードを弄っている時期で非常に解りにくく不明点が残ったままだった。ビートルズはキーDで演奏し、キーをEに上げてミキシングしたことが明らかになった。となるとキーを下げてレコーディングしたジョージ・マーティンの間奏はキーC(黒鍵なし)かキーB(黒鍵がたくさん)で演奏されている可能性が高い。