Band on the Run

ギターの品評会のようだ。ポールがヘフナーなのは最近の傾向として、ラスティとブライアンは各々が途中でギターを持ち替える。
ブライアンは最初、グレッチのホワイトファルコンっぽいギターを使い、ブリッジ部分で12弦のアコースティックギターに持ち替える。
ラスティは最初にリッケンバッカーっぽいギター(後述)、ブリッジを弾いた後でチェリーレッドのサンバーストのGibson Standardに持ち替えてスライドギターを弾いている。
最初のセクションのリードギターはラスティ、次のセクションのリフは二人で弾いているようだ。

ちなみに「リッケンバッカーっぽいギター」とはDuesenberg(ビートルズのお陰でドイツ語が読めるようになってて良かった)。