Don’t Pass Me By

マーク・ルイソン氏の『レコーディング・セッションズ』にはフィドル奏者ジャック・ファロンの証言として、

  • 「〜最後のところではちょっと遊んだんだ。〜」
  • 「〜そこの部分はカットしてくれと言ったのに、彼らはそうしなかった。〜」

と記されている。

この証言には引っかかる点があった。フィドルで遊んでいるとされる箇所に耳を澄ますと”Do’t pass me by”と歌っているのがハッキリと聴き取れ、「ちょっと遊んだんだ」という感じではない。そこで、駄目元で”Do’t pass me by”と歌う箇所を中心にパターンマッチングしてみた。

ステレオバージョンでの結果が以下である。
(左が1’00″前後、右がエンディング)
前半
後半

見事にエンディングの引用元があったのである。

つまり、前述の証言にはジャック・ファロンの誤解も含まれているということだ。実際にエンディング部分には彼の演奏が延々と入っているのだろう。そして、彼らはジャック・ファロンの要望通りカットしている。ただし、その雰囲気が気に入ったのか別の箇所から引用している、といのが真相だろう。

目次に戻る